京都大学ヒマラヤ研究ユニット
 

ユニット長:湯本貴和・霊長類研究所長
副ユニット長:幸島司郎・野生動物研究センター長

 
2016. 02. 15
京都大学ヒマラヤ研究ユニット発足のお知らせ

ブータン王国・雲南・チベット・カシミール・カラコルムを含むグレートヒマラヤを研究対象とした学術ユニット、 「ヒマラヤ研究ユニット(Unit for Himalayan Studies)」構想が承認されました。 4月1日より活動を開始いたします。 ヒマラヤ学の発展にむけて、霊長類研究所などの京都大学各部局が結集し、 京都大学ならではの研究・教育・環境保全活動を発展させていくこととなりました。

PDFユニット申請書(PDF形式)       PDFポンチ絵(PDF形式)

 
2016. 04. 01
本日より、京都大学ヒマラヤ研究ユニットが発足いたしました。
 
2016. 07. 11
ブータン王立大学からニドゥップ・ドルジ総長ほか11名をお迎えして、 「国際シンポジウム ブータンの自然と文化のための学術の創発」を共催いたしました。
詳しくはこちら

雲南懇話会のお知らせ


京都大学ヒマラヤ研究ユニットは、 第37回より雲南懇話会(雲南懇話会主催)を共催しています。

第46回雲南懇話会

2018年9月29日(土)13時~

詳細はこちら